校長日記

皆さんこんにちは!~ようこそ、校長日記へ~

学校長のつぶやき日記(H30年度)

技能五輪メダリストとなった本校卒業生が,フライス盤の実技を披露してくれました。

 12月18日,機械技術科平成28年度卒業生である気仙 大介 君(日産自動車株式会社)が,機械技術科の在校生諸君の前で技能五輪メダリストの卓越した技術を披露してくれました。気仙君は,平成30年度第56回技能五輪全国大会において,全国の名だたる強豪を打ち破りフライス盤職種で「銅賞」を受賞しました。気仙君の素晴らしいものづくり技術を目の当たりにした生徒達は,驚愕のまなざしで気仙君の作業の様子に見入っていました。気仙君の今後の更なる飛躍をお祈りします。

 

気仙沼向洋杯交流卓球大会が行われました

 12月16日(日),本校体育館を会場に,本校卓球部OB会が主催する「気仙沼向洋杯交流卓球大会」が行われました。県内外より17校の中学校より大会に出場いただきました。体育館では,出場した選手諸君の熱戦が繰り広げられていました。この大会を通して,出場した皆さんの競技力向上だけでなく,他校選手との交流を深めることで,出場した皆さんにとって思い出に残る大会になれば幸いです。

 

全商検定合格に向けて頑張りました

 本校の産業経済科では,水産科目の学習に加え,商業科目の学習を選択することが出来ます。今年度も,全商検定合格に向けて生徒達は学習に取り組み,商業高校でも合格者を出すのが難しい検定試験において,本校から複数の合格者が出ました。合格した生徒諸君は,今後も勉強に励み,更なる高みを目指してほしいと思います。

デザイン講習(第2回目)が行われました

 先日,情報海洋科情報電子類型3年生の課題研究デザイン班の生徒4名は中学生向けの学科案内の制作に挑戦していることをご紹介しました。本日12月12日は,タイムカプセル株式会社より代表取締役の 相澤 謙一郎 様にお出でいただき,藤田 空美 様とともに,生徒へご指導をいただきました。いろいろなアイディアやアドバイスをいただいたことで,生徒の制作意欲もより高まったようでした。

 

情報海洋科海洋類型で出前授業がありました。

今年の4月から使用開始となった小型実習船「シーラス」建造に関わった,ヤンマー株式会社の 重兼 崇 様と,ニュージャパンマリン株式会社の 中北 大介 様を講師にお迎えして,情報海洋科海洋類型2・3年生を対象とした出前授業を行っていただきました。日本国内の小型船舶に関する話題や「シーラス」建造の様子など,幅広い内容のお話に,生徒達も興味深く聞き入っていました。

ものづくりマイスターによる,手仕上げ実技指導がありました

本校機械技術科では,宮城県技能振興コーナー(所長 曳地信勝 様)に生徒の技術指導のお手伝いをいただいております。本日は,ものづくりマイスターの平間 輝夫 様を講師にお迎えして,1年生を対象にやすりによる手仕上げについてご指導いただきました。平間様の熱心な指導に,生徒も真剣な表情でやすりがけの実技を行い,ものづくりの最終段階である手仕上げの工程について学んでいました。

 

救命講習が行われました。

本校では,毎年1年生と対象として救命講習が行われ,気仙沼・本吉地域広域行政事務組合 気仙沼消防署より講師をお招きして,止血法・心肺蘇生法・AEDの取り扱いなどについてご指導いただいております。今年度は12月4日(火)~6日(木)に実施しました。救急救命士の皆様に具体的にご指導いただき,生徒達もいざという場面で対応できるように,真剣に実習に取り組んでいました。

デザイン講習が行われました。

情報海洋科情報電子類型3年生の課題研究において,デザイン班の生徒4名は「情報海洋科情報電子類型では,どのような高校生活3年間を送るのか?この類型の魅力とは何か?」を生徒目線で紹介できるような,中学生向けの学科案内の制作に挑戦しています。制作にあたり,タイムカプセル株式会社より藤田 空美 様を講師にお招きし,画像やページレイアウトについてどのような工夫を施せば中学生に伝わるのか,ご指導をいただいております。12月5日(水)も,生徒達は目を輝かせそれぞれの考えを披露していました。学科案内の出来映えが楽しみです。

郷土料理講習会が行われました。

12月4日(火),階上公民館事業の一環として,階上地区食生活改善推進協議会から講師をお招きして,「階上産茶豆入り牡蠣ご飯,秋刀魚のすりみ汁,若布の酢の物,階上産苺のシャーベット」の調理についてご指導いただきました。講師の方々のご指導を受けて,生徒達は悪戦苦闘しながらもさんまのすり身づくりなど,食材の調理を一生懸命頑張っていました。

 

これまでのご支援,本当にありがとうございました。

 11月22日(木),全国各地から多数のご来賓の方々にご臨席いただき,新校舎落成記念式典を無事終えることができました。

 震災直後から,同窓会や地域の皆様を始め,多くの皆様から校舎再建のためのお力添えをいただき,さらに,全国から有形無形の善意を賜り,生徒の学習支援に大きな後押しをしていただきました。これまでのご支援,本当にありがとうございました。

 今後も校訓「尚志・創造・力行」のもと,落成記念事業として寄贈していただいたサイネージシステムやタブレットPC,階上地区ジオラマなどを有効に活用し,地域の皆様と力を合わせながら,地域産業を支え地域防災のリーダーとして活躍できる人材の育成をめざします。そして,気仙沼向洋高等学校が,気仙沼・本吉地区ひいては宮城県にとっての震災からの復興の象徴として,ふさわしい存在となり続けられるよう,努力していきます。これからもよろしくお願いします。