校長日記(H29年度)

皆さんこんにちは!~ようこそ、校長日記へ~

学校長のつぶやき日記(H29年度)

新しいシーラスが到着しました!

 

 20年以上にわたり活躍した,先代の実習船「シーラス」の代船として建造された新しい「シーラス」が完成し,気仙沼に到着しました。3月29日(木),祈願祭が行われた後に,岩井崎沖までの試験運転を行いました。最新の装備を搭載し,これからの漁業後継者育成に大きく貢献してくれるものとなります。4月18日(水)には竣工式を予定しています。

離任式が行われました。

 

 年度末の人事異動等により,本校でご活躍された教職員12名の皆様を送り出すことになりました。本校でのこれまでの功績は非常に大きいものでした。新天地においても益々活躍されますよう祈念いたします。これまで,本当にありがとうございました。

新しい制服です!

 新聞でも報道されましたが,平成30年度入学生より制服が一新されます。濃紺を基調とし,海をイメージした本校らしい爽やかなデザインとなっています。これまでの制服も生徒や地域の方に愛されてきましたが,新制服もよろしくお願いします。

自ら進んで

 これは,生徒昇降口にある黒板に書かれた文章の第五弾です。生徒会有志(複数)による板書で,「職場の教養」からの引用になります。向洋高には「あいさつが 示す人がら 躊躇せず 先手で明るく ハッキリと」のような挨拶のできる生徒が少なくありません。しかし全員がそうであるか,と言われるとなんともいえません。向洋生全員が,校内だけでなく校外でも,卒業・修了した後に就職した職場などでも,このような挨拶をできるよう目指したいですね。次回のメッセージ発信も楽しみにしています。

平成29年度卒業証書並びに修了証書授与式が行われました

 

 高校課程103名が卒業,専攻課程5名が修了しました。卒業生・修了生一人ひとりが,それぞれの志に従って,それぞれの道を歩むこととなります。気仙沼向洋高等学校で培った尚志・創造・力行の精神を最大限に発揮し,卒業生・修了生の皆さんが日本各地で活躍してくれることが,気仙沼・南三陸,そして宮城県全体の復興に繋がる原動力になるものであると確信しています。卒業生,修了生の皆さんの今後の活躍に期待しています。卒業・修了,本当におめでとう。

実習船シーラスの進水式がありました

 

 2月12日(月),伊勢市にて本校実習船「シーラス」の進水式が行われました。先代の実習船「シーラス」は平成7年から20年以上にわたり,本校の小型船舶操船実習に使用されてきました。この度,実習船を新調することとなり,船名はこれまで親しまれてきた「シーラス」を冠することとなりました。3月下旬には伊勢市から回航されて気仙沼に到着の予定です。4月には竣工式も予定されています。

みやぎ高校生フォーラムがありました。

 

 2月10日(土),宮城県庁にて「みやぎ高校生フォーラム」が開催され,本校生徒2名がポスターセッションにて本校の特色ある取組を紹介してくれました。向洋高の良さを上手に伝えてくれる内容で,とても分かりやすい説明でした。普段の授業でもプレゼンテーションの勉強をしているので,その成果がしっかりと現れていたようです。

良き個性

 これは,生徒昇降口にある黒板に書かれた文章の第四弾です。生徒会有志(複数)による板書です。「職場の教養」からの引用ですが,向洋高にはこの文章に出てくる,B君のように心優しい生徒や,A君のように自らの行動を真摯に省みることの出来る生徒がたくさんいます。次回のメッセージ発信も楽しみにしています。

機械技術科の生徒諸君が作成しました

 

 白い建物の模型は,九条校舎(仮設校舎)の実際の図面を元に,機械技術科の3学年が課題研究の一環として3Dプリンターで作成したものです。細部まで正確に表現されている素晴らしい出来映えで,現在着色をお願いしているところです。平成23年11月からお世話になった九条校舎は,新校舎移転後には取り壊されてしまう予定です。7年余りの生徒たちの思い出の込められた九条校舎の模型を,新校舎に展示できればと考えています。

文字は心の写真

 これは,生徒昇降口にある黒板に書かれた文章の第三弾です。前回同様に何らかの文章の引用のようですが,生徒会有志による板書のようです。引用ではありますが,この文章を選び板書してくれた生徒の人柄が伝わってきます。文字は心の写真,肝に銘じたいと思います。これからも,メッセージ発信をよろしくお願いします。

新校舎改築の進行状況について

 標記の件につきまして,これまで工事担当課である宮城県教育庁施設整備課から建物自体の工事は概ね予定通り進んでいるとの報告を受けており,ホームページにもそのことは記載しておりました。また学校の意向として「予定通り平成30年4月供用開始で進めて下さい。」と宮城県教育委員会に対して強く要望を続け,教育長からも「今年度の重点事項として,その方向で進める。」という回答をいただいておりました。

過日,施設整備課長から「気仙沼向洋高校の災害復旧工事について,平成30年4月の新校舎開校を目標に,関係部署と連携を図りながら進めてきた。校舎本体は平成30年2月中旬には完成予定であるが,設備工事や外構工事などの関連工事が遅れ,生徒・教職員の安全確保の観点からも平成30年6月下旬までの工期延長を余儀なくされ,新校舎全体の完成検査を経ての供用開始時期が7月上旬となる見込みとなった。」という連絡が入りました。引越作業等を考慮すると,新校舎での授業開始は,平成30年度の夏季休業明けになる見通しです。

新校舎の供用開始が遅れることで,在校生やその保護者の皆様,本校を受験希望されている中学生やその保護者の皆様には,来年度の途中で引越作業が入ることや通学環境が変わること,学校行事等の見直しが必要になることなど,様々な点でご心配をおかけしてしまい大変申し訳なく思っております。新校舎での授業開始は,現段階では夏季休業明けとなる見通しで,それまでは現在使用している九条校舎での教育活動を継続することになります。学校としては,年度途中の引越に伴う教育活動への影響や,在校生やその保護者,入学を希望されている中学生やその保護者の皆様へのご負担を最小限に止めるよう,宮城県教育委員会及び関係各課と調整を進めながら,現在作業を行っているところです。

このような状況ではありますが,我々教職員が一丸となってこの事態を乗り切るべく頑張ってまいりますので,皆様にもご理解,ご協力をいただきますようお願いいたします。

生徒が作成した,2つの校舎のモザイクアートです。

 

 これらの作品は,保健委員,環境福祉委員の生徒諸君,保健厚生部の先生方が中心となって作ってくれたものです。左側は岩井崎校舎(1977~2011.3),右側は現在使用している九条校舎(2011.11~)になります。どちらも,本校116年の歴史の中ので重責を果たしてきた学び舎です。これらの校舎にお世話になった生徒諸君の気持ちが伝わってくる,素晴らしい作品です。九条校舎にはもう少しの間,お世話になります。

宮城丸が気仙沼港に帰ってきました!!

 

 情報海洋科海洋類型2年生15名と専攻科漁業科1年生1名,宮城水産高校の専攻科生2名を乗せた宮城丸が45日間の第2次航海を終え,無事気仙沼港に帰ってきました。実習を終えた生徒達は疲れた表情も見せず,みんな笑顔で気仙沼の地を踏みました。今回の実習ではハワイ沖での6回の操業実習と,寄港地であるハワイ州ホノルルです4日間の滞在など,他の高校では体験できない有意義な日々を過ごしてきました。この実習や経験を経て,生徒達はとても多くの事を学んできたようでした。

宮城丸がまもなく気仙沼に帰ってきます!!

 情報海洋科海洋類型2年生と専攻科漁業科1年生を乗せ,10月4日(水)に気仙沼港を出発した宮城丸が,ハワイ沖での操業実習とホノルルでの研修を終え,現在は気仙沼港に向けて快調に航行しております。実習中の生徒達も長期航海に慣れ,元気に実習を行っているようです。気仙沼港への帰港は11月16日(木)朝の予定です。実習を終え,さらに逞しくなった生徒諸君の元気な姿を見るのが楽しみです。

向洋祭が行われました

 あいにくの雨という天候でしたが,平成29年度の向洋祭の校内発表10月28日(土),一般公開10月29日(日)が無事終了しました。今年は,806名のお客様においでいただき,九条地区での最後の文化祭を、とてもよい形で終えることが出来ました。ご来場いただいた皆様,本当にありがとうございました。(今年のポスター,とてもいいできだったと感心していました。来年のポスターにも期待しています!!)

自分を客観的に眺めてみましょう

 これは,生徒昇降口にある黒板に書かれた文章の第二弾です。前回同様に何らかの文章の引用のようですが,生徒会有志による板書のようです。引用ではありますが,この文章を選び板書してくれた生徒の人柄が伝わってきます。この文章を見て,救われた生徒もいるはずです。いつも素晴らしい板書をありがとう。これからも,よいメッセージを発信し続けて下さい。

宮城丸第二次航海出港式がありました

 

 10/4(水),気仙沼港にて宮城丸第二次航海出港式が行われ,いよいよ45日間に及ぶ長期航海がスタートしました。情報海洋科海洋類型2年生15名と,専攻科漁業科1年生1名の16名と宮城県水産高校の生徒2名の合計18名が,マグロはえ縄漁の漁業実習を行うためにハワイに向かいます。11/16(木)の気仙沼港帰港まで元気に実習してきて欲しいと願っています。

新校舎改築の進行状況について

 

 宮城県の担当者,工事担当者との打合せが行われ,工区によって若干差はあるものの,9/21段階で概ね工程表通りに進んでいるようです。生徒会館についても工事が進んできています。

PTA交通安全啓発活動が行われました

 

 9/20(水)には,向洋高にてPTA役員9名と本校職員による交通安全啓発活動が行われました。登校してくる生徒達とPTA役員・本校職員との間で「おはようございます」と気持ちのよい挨拶が交わされました。9/21(木)には,階上地区にてPTA階上支部から役員16名に参加いただき,交通安全啓発活動が行われました。お忙しいところ参加いただいた役員の皆様,本当にありがとうございました。

出前授業が行われました

 

 情報海洋科2・3年生と対象として,複数の外部講師による出前授業が行われました。「気仙沼市内の水産加工業」「海洋ごみ」「海上保安庁の業務」といった多岐にわたるテーマについてご講話を頂き,生徒にとって大変有意義な学びの場となりました。

朝学習で,資格取得を目指します

 

 機械技術科1年生が,危険物取扱者の資格取得を目指して,朝学習に取り組んでいます。全員合格に向けで頑張って欲しいです。この取組以外にも,朝や放課後等の時間を使い,先生方が生徒に対する様々な個別指導を行い,生徒の目標達成に向けて頑張っています。

さんま缶詰の製造実習に参加しました

 

 産業経済科2年生が実施した,さんま缶詰の製造実習に参加しました。今回は2年生にとって初めての実習ということで,不慣れなところもあったようですが,先生の指示のもと一生懸命作業を行っていました。産業経済科2,3年生が複数回に渡って行う実習で作成した缶詰は,向洋祭(本校の文化祭)にて販売されます。とっても美味しい仕上がりとなっています。どうぞお楽しみに。

シーラス体験航海に同行しました

 

 情報海洋科1年生と対象とした,シーラス体験航海が8/28,9/4に行われ,9/4の航海に同行することができました。台風15号の影響が若干残っておりましたが,久しぶりの快晴の中で大島周辺を一回りすることができました。参加した生徒達も,体験航海を通して海洋や船舶の理解を深める機会となりました。

いい返事をする1日にしましょう

 これは,生徒昇降口にある黒板に書かれた文章です。何らかの文章の引用のようですが,どうやら生徒会のだれかが板書していてくれたようです。本校生の挨拶については,報道等でも取り上げていただいているところですが,生徒が自発的にこのような板書を書いてくれるあたりも,挨拶の出来る生徒を育てる土壌となっていると思います。

小型実習船の起工式がありました

 

 本校の小型実習船シーラスは,平成7年の進水以降,20年以上にわたって本校の実習全般に使用されてきました。使用年数も長期に渡ったことから,小型実習船の代船建造が進められています。8/23(水)には三重県伊勢市において,シーラスの後継となる船舶の起工式が行われました。平成30年3月までには進水式を行い,気仙沼に到着する予定です。

新校舎改築の進行状況について

 

 宮城県の担当者,工事担当者との打合せが行われました。若干天候の影響は受けているようですが,8/23段階で概ね工程表通りに進んでいるとの説明を受けました。校舎棟は4階周辺の工事も進んでいるようです。

建築中の新校舎見学会がありました

 

 報道でもご承知のことと思いますが,気仙沼市内の小学生とその保護者を対象とした建築現場見学会が,本校新校舎の建築現場を会場に開催されました。参加された小学生や保護者の方に混じり,本校職員も建築現場の様子を拝見させていただきました。建物の内部に入ってみると,新校舎の大きさを改めて感じさせられました。

「株式会社クボタ ものづくり特別講座」が行われました。

 

 株式会社クボタより11名の講師の方をお招きして,機械技術科3年生を対象とした特別授業が行われました。ディーゼルエンジンの分解・組立や,ヤスリ・キサゲ作業のプロフェッショナルである技術者の方から直接指導を頂き,生徒達も熱心に実習を行っていました。

サンマ缶詰実習が行われました。

 

 今年度も,サンマ缶詰実習が始まりました。産業経済科3年の生徒諸君が協力しながら,サンマをさばき調理を行った後に缶詰加工まで行いました。今年度もとっても美味しく仕上がっております。文化祭等で販売予定ですので,お楽しみに。

60日間の航海を無事終了しました

 

 本校専攻科漁業科6名を乗せ,4/27に石巻港を出港した宮城丸が,6/22に気仙沼港に入港し,メバチマグロをはじめ17トンを水揚げしました。専攻科2年生4名にとっては,向洋高の生徒として最後の航海となりましたが,今回の航海でさらに素晴らしく成長しました。

新校舎改築の進行状況について

 

 宮城県担当者,工事担当業者との改築工事に関する打合せ(第2回)が行われました。複数の工区で進捗状況に多少の差はありますが,6/8段階でも概ね工程表の予定通りに改築が進んでおります。

新校舎改築の進行状況について

 

 宮城県の担当者,工事担当業者との改築工事に関する打合せが行われました。校地が広いため,複数業者で工区を分担し作業を進めていただいており,5/25段階で概ね工程表の予定通り改築が進んでいるとの説明をいただきました。今後も工事の進捗状況については,逐次報告してまいります。

宮城丸 第1次航海に出港しました。

 

 本校専攻科漁業科6名と,水産高校の生徒を乗せた宮城丸が,石巻新漁港から無事出港しました。太平洋上にてマグロ延縄実習操業を行います。参加生徒全員が有意義な実習を行い,60日後にたくましく成長した姿を見せてくれることを期待します。気をつけていってらっしゃい。 

多くの保護者の皆様にご参加いただきました。

 本校体育館を会場に,平成29年度PTA総会が開催されました。お忙しい中,130名の保護者の皆様にご参加いただき,予定された議題を全て承認いただきました。これからも,保護者の皆様のご協力とご支援をいただきながら,教育活動を展開してまいります。

平成29年度がスタートしました

 午前に新任式・始業式,そして午後には入学式が行われました。入学式では専攻科3名を含む,計123名の新入生を迎え,平成29年度の気仙沼向洋高校がスタートしました。
 今年度も生徒一人ひとりが気仙沼向洋高校で充実した高校生活を送り,自らの力を開花させ大きく飛躍して欲しいと願っております。