機械技術科
  類型の教育目標


 ■機械システム類型
   電子・機械に関する基礎的・基本的な知識を習得させ,先端技術全般に広く対応できる能力と態度を育てる。

 ■エンジンシステム類型
   機械・原動機に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ,先端技術全般に広く対応できる能力と態度を育てる。

  取得可能資格・免許

 ◆ジュニアマイスター顕彰制度(ゴールド認定・シルバー認定)
  将来の仕事や学業に必要と考えられる国家職業資格や各種検定などを点数化して,その合計点数によって,顕彰される制度

   ●点数30点以上『シルバー』  ●点数45点以上『ゴールド』

 ◆2・3級機械加工技能士(普通旋盤作業)
  旋盤加工に関する技能及び知識を実技・学科試験にて有しているかを証明する国家試験。

 ◆3級機械加工技能士(フライス盤作業)
  フライス盤加工に関する技能及び知識を実技・学科試験にて有しているかを証明する国家試験。

 ◆2・3級機械保全技能士(機械系保全作業)
  機械設備保全に関する技能及び知識を実技・学科試験にて有しているかを証明する国家試験。

 ◆2・3級機械保全技能士(機械検査作業)
  測定工具の正しい取り扱い及び測定ができるか,そのメンテナンスなどをするための技能・技術・知識を有しているかを
  証明する国家検定。

 ◆アーク溶接適格性証明書(A-2F)
  JISに応じた溶接の技量を証明する資格である。A-2Fは下向き突合せ裏当て金あり。

 ◆危険物取扱者(乙種全類・丙種)
  一定量以上の危険物(液体・個体)を貯蔵・管理するガソリンスタンドなどの施設で働くことができる。

 ◆工事担任者(DD3種・AI3種)
  各家庭で電話回線,デジタル通信回線やインターネットなどの通信回線の配線工事をすることができる。

 ◆第2種電気工事士
  一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できる。

 ◆アーク溶接特別教育修了
  電気を使った溶接(金属を接合すること)に関わる知識・技能を身に付けることができ,働くことができる。

 ◆ガス溶接技能講習
  ガスを使った溶接(金属を接合・切断すること)に関わる知識・技能を身に付けることができ働くことができる。

 ◆トレース技能検定
  機械設計に使われる知識・技能を身に付けることができる。

 ◆計算技術検定
  ポケットコンピュータや関数電卓を使って,計算する能力を身に付けることができる。

 ◆情報技術検定
  工業技術者として,コンピュータの構成や情報技術について身に付けることができる。

 ◆コンピュータサービス技能評価試験
  ワープロ・表計算・データベース・PCドライブ・情報セキュリティなどのスキルを評価する試験。合格すると,
  合格証書とともに「技士」の称号が付与される。

  主な進路


◆進学(大学・短大)
  関東学院大学,城西国際大学,千葉工業大学,東北工業大学,富士大学,東北職業能力開発大学校 他

◆進学(専門学校 等)
  宮城県気仙沼高等技術専門校,仙台高等技術専門校,日産栃木自動車大学校,花壇自動車整備専門学校,
  東北電子専門学校,気仙沼准看護学校,国際医療福祉専門学校 一関校,仙台YMCA国際ホテル専門学校,
  仙台医健専門学校,仙台ビューティーアート専門学校,東放学園音響専門学校,東京アニメ・声優専門学校 他

◆就職(県内外)
  石川電装(株),(株)おやま製作所気仙沼工場,(株)クマケー建設,気仙沼板金(株),(株)気仙沼商会,
  (株)新和機械,(株)新和エンジンサービス,(株)丸本建設,茂木建設(株),(株)トップハウザー佐々木
  (株)アクティオ,北斗(株),アサヤ(株),(株)電業,木戸浦造船(株),(有)佐々木設備工業,リック(株)
  キャノン電子(株)東京本社,(株)スミハツ,(株)登米精巧,(株)クボタ宇都宮工場,日産自動車(株)
  (株)東日本宇佐美 東北支店,日野自動車(株),(株)藤田鉄工所,富士重工業(株)群馬製作所
  (株)リコー厚木事業所,やましち建設(株),自衛官候補生 他

  課題研究

     
 アンプ・スピーカー  ゴーカート製作  野球部備品製作

 

  実習風景

     
 手仕上げ実習(1年生)  情報基礎実習(1年生)  旋盤実習[ 1 ](1年生)
     
 旋盤実習[ 2 ](2年生)  Visual Basic実習(2年生) 電子計測実習(2年生) 
     
 ロボット制御実習(3年生)  NC制御実習(3年生)  シーケンス制御実習(3年生)