新着
東日本大震災で被災した旧校舎の校門にあった「学校銘板」は,これまで良い状態で保存されていました。このたび,ハイテク部の生徒と教職員が力を合わせ,学校銘板のフレーム作成・取付を行ってくれました。旧校舎で本校の歴史を見守ってきた学校銘板が新校舎南門によみがえり,新校舎とともに新しい歴史を刻み続けることになりました。  
宮城丸帰港まで残すところあと2日となりました! ホノルルを出港した後も、航海当直や機関当直、船体清掃などを行い、充実した船内生活が続いています。 機関当直では機関制御室での計器類の確認や、種機関の点検等を体験的に行いました。また、専攻科の生徒4名も船体整備の作業や航海当直をこなし、船舶職員としての技術を磨いています。 15日(木)8時30分に気仙沼漁港へ入港・水揚げを行い、その後下船予定です。     ○ハワイ出港!ダイアモンドヘッドを背景に ○入港前に船をきれいにしています   ○夜間当直(実際は真っ暗の中行います)   ○機関制御室にて各計器類の確認     ○主機関の確認作業           ○船体整備(専攻科も頑張っています!)  
本校の創立100周年の際に,同窓会の皆様に建立していただいた「向洋三心」の碑は,東日本大震災の際に流出してしまい,現在も見つかっておりません。しかしこの石碑の原書が保管されていることが分かり,修復・表装を施し生徒昇降口に展示することができました。生徒諸君には,日々この書を見ることで「向洋三心」を心に刻みながら,学校生活を送ってほしいと願っています。
11月8日(木),本校においでになった宮崎県立福島高等学校の生徒・先生,宮崎県教育委員会,串間市教育委員会の皆様と,本校生徒会役員とで,合同防災学習を行いました。東日本大震災当時の生徒・職員の対応に関する講話ののちに,両校生徒の合同グループによる「防災ワークショップ」を行いました。それぞれの考えを出し合いながら,防災・減災について互いに学び合う,貴重な時間となりました。 報道でも取り上げられましたので,ご覧ください。    TBC放送 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000005-tbcv-l04
 宮城丸は10月30日から11月2日にかけてホノルルへ寄港し、実習生が外地研修を行いました!外地研修では3日間の間でえひめ丸慰霊碑、モアナルアガーデン、ダイヤモンドヘッド、ヌウアヌ・パリ展望台などを訪れ、歴史や文化について学びました。また、実習生は現地でのディナーショーや買い物、海水浴などを楽しんでいました。  現在、宮城丸は気仙沼港へ向け帰港中で、今月15日に帰港予定です。帰りの航海では生徒たちが班に分かれて24時間体制で航海当直を行っています。最後まで船員としての心得を学び、一回り成長して帰ってくることを期待しています。    
新校舎落成記念事業実行委員会より,教育環境整備事業としてサイネージ(校内情報掲示システム)を設置していただきました。校内5カ所に設置された大型ディスプレイをとおして,行事予定や時間割変更など,校内で生徒・教職員が共有したい情報を表示するシステムとなっております。有効活用させていただき,よりよい教育環境の構築を目指します。
産業経済科2・3年の生徒が,「道の駅 大谷海岸」にて販売実習を行っています。今年度は3回の実習が予定されており,11月7日(水)段階で2回目までが終了しました。大変多くのお客様にご来場いただき,実習を行っている生徒達も明るい表情で実習を行っておりました。次回は11月14日(水)13:30~15:30となりますので,お時間のある方は是非ご来場ください。
  新校舎落成記念事業の一部で購入した生徒用タブレット(iPad)を活用してみました! 写真は、情報電子類型3年課題研究の授業で有接点シーケンス制御を学ぶ様子です。 なお、タブレットは生徒用45台導入されました。   トピックス一覧へ戻る場合はコチラをクリックしてください。    
10月26日(金),岩手県の宮古市民文化会館で開催された,「全国水産・海洋高等学校 生徒研究発表大会 東北地区大会」に,本校情報海洋科 電子情報類型3年生の3名が出場し,「階上新校舎への移転をきっかけに考える これからの気仙沼向洋高校」というタイトルで発表を行ってきました。緊張した様子の3名でしたが,発表者3名の決意が伝わるような,とても素晴らしい内容でした。
ブログ
10/30
パブリック
まぐろはえ縄漁業実習が無事終了し、現在宮城丸はホノルルに寄港中です! ここまでの航海の間、時化もありましたが、生徒たちは与えられた船内作業や漁業実習にしっかりと取り組んでいました。寄港中に体を休めるとともに、研修を大いに楽しんでほしいと思います。 今後もホノルルでの様子、船内の様子を随時更新していきます。    〇急速冷凍庫内(マイナス60℃)  〇投縄作業(慣れてきました)    〇投縄で使用する餌の準備           〇操業中の夜食(ラーメン)      〇操業終了後のひととき        〇重量測定(メバチ40kgほど)
10月22日,産業経済科2学年の授業「商品開発」において,社会人講師としてpenseaの鈴木 歩 様,昆野 哲 様,まるオフィスの矢野 明日香 様をお迎えし,商品デザインの重要性についてお話をいただきました。消費者が商品購入を決定するのに要する時間はとても短く,商品デザインが消費者の購買行動にとても大きな影響を与えることを教えていただきました。生徒達も講義の後のワークショップで各自が作成したデザインについて指導していただくなど,とても貴重な学びの時間となりました。
10月20日(土),向洋祭(一般公開)が開催されました。昨年度の806名を大きく上回る1234名のお客様にご来場いただき,生徒達の活動の様子や新校舎などを披露することが出来ました。ご多用のところおいでいただき,本当にありがとうございました!!
ブログ
10/19
パブリック
 15日からまぐろはえ縄漁業実習が始まり、班に分かれての早朝の投縄作業・海洋観測、そして午後の揚げ縄作業が行われました。漁業実習初日には、小さめではありましたが11本ほどのキハダマグロやメバチを見ることができました。  揚げ縄作業では、生徒たちは漁獲物の体長・体重測定や幹縄の格納作業などを行いました。また、漁獲され、解体されたマグロやカジキを保管するマイナス60℃の急速冷凍庫に入り、その寒さを身をもって体験しました。  今後漁場を変えるため移動をはさみながら、操業を行っていく予定です。 ※投縄作業…延縄漁の漁具を設置する作業で、早朝に行われます。 ※揚縄作業…投縄で設置した漁具と漁具にかかった魚を引き揚げる作業で、午後から夜の22時~24時ころまで行われます。    
ブログ
10/18
パブリック
 10月20日(土)9:30~14:00に,今年度の向洋祭(文化祭)の一般公開が行われます。新校舎における初めての文化祭ということで,生徒・職員ともに頑張って準備しております。多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
ブログ
10/16
パブリック
 宮城丸では、引き続き船内の実習が行われています。まぐろはえ縄漁業実習が近いということで、投縄作業の練習を行いました。また、太陽の高度を測り船位を求める天測練習や、海洋観測、退船訓練などが行われました。  船内の食事では焼き肉も出ました!まぐろはえ縄漁業実習へ向け体力を付け頑張ってほしいと思います。   10月15日 正午位置  北緯13°-03′  西経178°-47   〇投縄の練習風景            〇天測実習             〇海洋観測   〇退船訓練              〇食事当番              〇食事風景(焼き肉)