新着
3月15日,本校専攻科漁業科1年生3名と宮城県水産高校の実習生を乗せた宮城丸が,気仙沼漁港にて第3次航海実習の水揚げを行いました。専攻科漁業科1年生にとっては,高校から通算して4回目の長期航海実習となります。水揚げの際に,すがすがしい表情で作業している専攻科生の様子を見て,また一回り成長してくれたと感じることが出来ました。
 3月1日に卒業した卒業生の有志による実習着(作業着)の贈呈が気仙沼地域エネルギー開発株式会社様を会場に行われました。  「私たちがこの新しい校舎から旅立つことができるのは、私たちを支えてくださった地域の方々のおかげです。私たちにも地元のために何かできることはないだろうか?」と考えた卒業生の有志により、情報海洋科および機械技術科において3年間実習で使用した作業着(ブルゾン16着 作業用ズボン17本)を気仙沼地域エネルギー開発株式会社様に寄贈させていただきました。  贈呈を行った卒業生は「この取り組みは環境や自分の住んでいる地域について考える機会にもなるので、ぜひ後輩にも引き継いでもらいたい。」感想を話してくれました。 『気仙沼地域エネルギー開発株式会社』とは  復興へ向けて地域の自給力と創富力を高める「緑の分権改革」の取組を進めている企業です。機材のメンテナンス時に、タールやススなどで真っ黒になりながらの作業となり作業着がすぐに消耗してしまうため作業着の提供についての募集を行っています。
本日(3月1日(金)),本校体育館において平成30年度卒業証書・修了証書授与式が行われました。高校課程の卒業生116名,専攻課程の修了生2名,計118名が,それぞれの志に従ってそれぞれの道を進むために,本校を巣立っていきました。平成30年7月まで118名の学びを支えてくれた九条(仮設)校舎での日々,そして様々な人たちの想いが凝縮されて完成した新校舎での日々は,118名にとってかけがえのない,そして戻ることのない時間です。卒業生・修了生には,その高校生活を支えてくれた保護者の皆様や,一緒に過ごした仲間への感謝の気持ちを忘れずに,健康に留意しながら,それぞれの新天地で活躍することを祈っています。
 タイプカプセル株式会社様から講師の先生をお招きして行われた「デザイン講習」について、復興庁が発行する復興事例集「岩手・宮城・福島の産業復興事例30 想いを受け継ぐ次代の萌芽」にタイプカプセル株式会社様が今年度取り組んだ復興事業のひとつとして掲載されました。  「デザイン講習」は情報海洋科情報電子類型3年生で開講している「課題研究」の授業において、「Webデザイン班」が『情報電子類型を中学生に分かりやすく理解してもらうためのパンフレット』を完成させることを目標に4名の生徒が受講しました。  「復興事例集」は下記のURLより電子ブック版をご覧いただけます。 http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat4/sub-cat4-1/20190215142526.html(外部リンク:「岩手・宮城・福島の産業復興事例30 想いを受け継ぐ次代の萌芽」(平成31年2月18日公表)) タイプカプセル株式会社様の記事は38ページから41ページになります。   ≪画像はいずれも復興庁より提供≫  
 本日2月26日(火)テスト終了後に進路講話「先輩の足あと」を実施しました。 「先輩の足あと」とは,1・2年生が各クラス4名の3年生の先輩から進路決定までの経緯や進学・就職に向けた具体的な準備などの話を聞き,進路意識の向上や進路実現に向けて多くの情報を手に入れる進路行事です。  講話をしてくれた先輩方は少し緊張している様子でしたが,進路実現に向けて日頃の学校生活をどのように過ごしたか,就職・進学・公務員試験に向けていつからどんな準備をしたか,自分の経験を踏まえた後輩たちへのアドバイス等々,たくさん具体的な話をしてくれました!  1・2年生は先輩の話をメモを取りながら真剣に聞いている様子でした。講話のあとの質疑応答の時間には,後輩から先輩へ多くの質問も出て,先輩方からたくさん学ぶことができました。1・2年生からは「早めに進路の準備をしたいと思った。」「進路実現に向けて頑張りたい。」「とにかく成績を上げる。」等,進路に対する気持ちが高まった様子でした!  
  ◯蔵書数 11,621冊(2018年12月現在) 新刊続々入荷中!   ◯閲覧席数 48席 勉強スペースとしても大歓迎! 調べ学習用のPCも利用できます。  ◯利用案内   ・開館時間  :月曜~金曜 9:00~17:00           (休業日・祝日を除く)           ※長期中業中の開館日は図書館便りでお知らせします。   ・利用できる人:気仙沼向洋高校の生徒・職員           ※保護者の方は生徒を通して貸出ができます。            ぜひお気軽にご利用ください!   ・本の貸出  :一人3冊まで  2週間以内           ※長期休業中は6冊まで借りられます。
 宮城県北部船主協会のご協力のもと、情報海洋科海洋類型1学年(19名)を対象に、「遠洋マグロ延縄漁船 若手船員トークショー」と「マグロ延縄船見学」を行いました。  トークショーでは、10代~20代の船員の方々をお招きし、マグロ延縄漁についてお話をいただきました。漁業という仕事ならではの大変さがある一方で、「自分の成長を感じられる」「頑張った分だけ成果が出る」といった仕事のやりがいについて知ることができました。また、実際の勤務体系や給与についてもお話を伺うことができ、進路について考えるよい機会になりました。  トークショー終了後、船員の方々の案内により勝倉漁業株式会社様所有の「第七勝栄丸(410トン)」を見学させていただきました。甲板や機関室、船橋、居住区を見て回ることで、船内での生活や操業についてイメージを膨らませることができました。船内のサロンではミナミマグロのお寿司もご馳走になりました!生徒たちはとても喜んで食べていました。  地元の水産業について理解を深めるとともに、漁業の大変さとやりがいを知ることができた研修となりました。   (参加した海洋類型生徒の感想) 今回のマグロ延縄漁船見学...