TOPICS 令和元年度

10 月 9 日(水)航海実習の報告(指導教官より)

10月9日(水)航海実習の報告(指導教官より)

 石巻出航当初は、うねりがあり船酔いの生徒が多くいましたが、現在、海況は良くなり生徒の船酔いは概ね解消されています。

 航海士等による訓練記録簿(船員に必要な授業実習)が始まりました。防火や避難についての講義があり、イマーションスーツ(体温低下を防ぐスーツ)の着脱方法を実践しました。

 漁場に近づいてきましたので、今後はマグロ延縄実習のシミュレーションを行います。

 ( 正午位置 34°-16′N、160°-47′E  気温 24.0°C 水温24.2°C )

 

日直生徒の感想
「まだ船内生活に慣れておらず、時間に遅れてしまうこともあったので、班の全員と協力しあい頑張って

いきたいと思います。30分時間を進める生活(時間調整)にも慣れていきたいです。」佐賀龍世

   

実習風景

・課題学習                      ・訓練記録簿(航海士による座学・実習)

   

 

・食事当番

 

長期航海出港式&航海実習はじまる!

 10月2日(水)、海洋総合実習船「宮城丸」が、情報海洋科海洋類型海洋2年生(18名)、専攻科漁業科1年生(3名)の計21名を乗せ、気仙沼港朝日埠頭より出航しました。出港式ではご来賓の皆様から激励をいただき、地元の保育所から心温まるメッセージをいただきました。

 宮城丸はその後、石巻港へ向かい宮城県水産高校専攻科航海コースの1年生が乗船、停泊実習を行い、10月5日に実習海域のハワイ島南西沖に向け出航しました。10月中旬からはマグロ延縄漁業実習を行い、10月29日にはホノルルへ寄港します。気仙沼へ帰港するのは、11月14日の予定です。

  

 

階上小学校との交流会&体験乗船

市内の波路上漁港と気仙沼市の東日本大震災遺構・伝承館の会議室を会場に階上小学校5年生のシーラス体験乗船と交流会を実施しました。
開会式後に海洋類型3年生がシーラスや向洋高校の実習等の説明を行い、2班に分かれて体験乗船とロープワーク体験を行いました。
7月の鹿折小学校との交流会に続いて、今回は2回目だったので前回の経験を踏まえて、ロープの結び方や学校生活の話などもより多くのことを伝えることができ、海洋類型3年生の成長も感じられる交流会にすることができました。

    

酒粕ミルクスイーツのアイデア中間プレゼンテーション

今年も産業経済科2年生が酒粕ミルクスイーツの新商品を考案しています。

7月22日に「おかしの花子」の菊地様、「i.club」の神田様をお招きして中間プレゼンテーションを行いました。中間にもかかわらず、完成度の高いプレゼンテーションでした。本番ではさらに良いプレゼンテーションを行うべく、講師の方々のアドバイスを熱心に聞いていました。

海浜清掃&環境学習を実施しました

海洋環境に対する意識を高めることを目的とし、海浜清掃&環境学習を行いました。

気仙沼市の景勝地で知られる岩井崎の海岸とその周辺の清掃活動を行いました。50名の有志参加生徒が集い、約60kgのゴミを回収しました。その翌日には海洋ゴミに関する環境学習を行い、その特性やゴミを減らすための取り組みについて学びました。

海洋関連産業や地域の産業に関わる人材として、環境保全にも目を向ける機会になればと思っています。